既刊書籍 > ミスター・Bの女神──バランシン、最後の妻の告白

形態:ハードカバー 191x130mm 346頁
定価:本体2,250円(税別)

チャイコ公式ショップよりご購入 各ネットショップでご購入 Amazonより電子書籍版をご購入

送料:無料(チャイコ書籍のみご注文の場合)
発送方法:ゆうメール

Kindle電子書籍版はKindle端末、あるいはスマートフォンやタブレットのKindleアプリでご覧いただけます。

Amazon.co.jpからご購入
価格:1,250円

プロローグ部分の立ち読みページをご用意しました。(PDF形式)


「彼女はバランシン流に訓練された、理想的なバランシンダンサーです」

 ──ミスター・Bは自分の妻タナキル・ル・クラークをこのように褒め讃えていました。小さな頭、華奢な骨格、長い腕と脚の彼女は、まさにこの天才振付家のために生まれてきたようなバレリーナだったのです。

 亡命ロシア人で、アメリカに渡ったときにはすでに“バレエ界のシェイクスピア”と世界中にその名を轟かせていたジョージ・バランシン。その彼の愛を勝ち取り、五番目(正式には四番目)の妻となったタナキルは、バレエ団でベストパートを踊るだけでなく、ファッション雑誌のモデル、テレビ女優、また著名な音楽家、文学者、知識人と交流する社交界の花形として、華麗で多忙な生活を送っていました。

 ところが悲劇が彼女を襲います。1956年、公演先のコペンハーゲンで、27歳のタナキルは高熱に倒れ、死のような眠りから目覚めると、長く美しい脚が動かなくなっていた。小児マヒ──彼女は一夜にしてバレリーナ生命を絶たれてしまったのです。

 バランシンは仕事を辞め、愛する妻の介護に専念します。タナキルの肉体に筋力を甦らせようと、彼独自のエクササイズを考案し、リハビリの手助けもします。当時の二人は、これまでになかったほどの強い絆と愛で結ばれていました。

 しかし、もう二度と歩くことはできないと悟ったタナキルは、これからの自分の生き方を模索し苦しみ、バレエ団に復帰したバランシンは、妻よりも若く新鮮で優秀なダンサーたちのための振付に没頭。二人のあいだには亀裂が生じ始めるのです。

 新たな夢を追い求めるタナキル、そして自分の芸術に身を投じるバランシン……。

神と謳われた天才振付家
その神の創造力を喚起した女神


──これは二人の真実の愛の物語──


著者紹介
ヴァーレー・オコナー(Varley O’Connor)
小説家。小児マヒ生存者を父に持ち、別の作品のために小児マヒについてリサーチをしていたときにタナキル・ル・クラークのことを知った。
ル・クラークのことが頭を離れず、彼女の本質に迫りたいと、多大な時間を費やし、膨大な量の資料にあたり、本書を書き上げた。
他の作品に ”Like China” (1991)、”The Cure” (2007)、”A Company of Three” (2013)がある。
ケント・ステイト大学及びノースイースト・オハイオ大学コンソーシアム芸術修士課程にて、小説と文芸ノンフィクションの書き方を教えている。
ニューヨークのブルックリン在住。

訳者紹介
鵺子(ぬえこ)
日本リーダーズダイジェスト社、ニューズウィーク東京支局、新潮社(FOCUS、SINRA、文庫編集部、出版部)に勤務。
リサーチ、翻訳、取材、執筆、編集などの仕事を経験し、現在は潟`ャイコ専属の編集者として書籍制作・商品企画に携わっている。
余暇にバレエのレッスンに通うかたわら、“人間バランシン”を研究し、「人はなぜ踊るのか?」について考察を重ねる日々。
東京在住。
Copyright c since 2013 Tchaiko Co., Ltd All Rights Reserved.